支部紹介
真庭支部
真庭支部外観・凱旋桜   久世駅から徒歩で10分。久世インターから車で10分の所に真庭教育会館があります。1982年に組合の拠点として教育会館を建設しました。
  真庭支部では、2005年に真庭郡の旧町村が合併し、真庭市ができた時から、旧北房町の組合員の方とも一緒に活動するようになりました。執行委員会で支部のとりくみについて話し合い、その後、分会代表者会で、各分会に活動内容を伝えます。分会代表者会では、分会で問題になっていること、困っていることなどについても情報を交換し、組合員が過ごしやすく、働きやすい職場になるように、みんなでお互いに意見を出し合います。
  また、支部での教育研究集会(教研)も活発に行われています。年間3回の教研を開催していますが、教科別、問題別の分科会ごとに、レポートを持ち寄って、分会でのとりくみや実践した内容について交流しています。夏休み中の「サマーミーティング」も恒例行事となり、講師の方を招いての学習会やクイズ、ビンゴ大会、懇親会などで、たいへん盛り上がり、組合員の交流を深める場となっています。
  真庭支部では、「つながり」を大切にし、たくさんの仲間とともに活動を行っています。   その他にも、自主編成講座や学習会、壮年部旅行など、たくさんの活動を通して、力量を高め、仲間とのつながりを大切にしながら、活動を行っています。


真庭紹介
∴戻る