OTUニュース
2017.09.08
ここにもまた、効率・採算・・・


  鉄道に揺られながら車窓を流れる平凡な風景をボーッと眺めるのは性に合っている。狭い日本と言われるが、四季折々の色合いやその地方独特の風俗・習慣も垣間見られ、飽きることはない。家のつくり、屋根瓦の色、さらには大根の干し方、田んぼに立つ稲架の形や架け方、果てはお葬式の様式まで実にさまざまだ。もちろん、地元の乗客同士が交わすお国言葉もある。これに季節や時刻、その時の天候といった要因も加わる。それらに触れるたびに「日本は広い」と思う。山陽本線のような幹線沿線では少なくなったが、そこから枝分かれするローカル線の車窓はまだまだ豊かだ。
  さて、“流れる風景”を目で追うための適度な速度というものがあり、鉄道の場合は時速60〜80kmくらいがいいと考える。それ以上だと、「移動の為に乗らされている」という感覚が生じてくるし、それ以下だと少々まだるっこしい。教員生活まだ浅き頃、突然思い立って、岡山駅を夜行列車で発ち、早暁の下関駅で下車。そこから福知山までの日本海沿いをドン行列車で乗り通したことがある。海の色も山の色も鮮やかで、速度も適度だった。深夜の福知山駅に到着したときは異様なハイテンションになっていた。もっとも話す相手とてない一人旅ではあったが。
  そうした豊かさをもたらせてくれたローカル線が少しずつ消えていく。確かに朝夕の高校生だけが主たるお客さんでは採算は難しい。しかし、全国に地方交通線(いわゆるローカル線)を敷設していった当初の目的は、中央と地方との人・物の流れを推進し、地域間格差を解消する云々ではなかったのか、との疑念は残る。ここにもまた、効率、採算・・・。 興味本位でほんのたまーに乗るだけの者は言う立場にないってことは分かってはいるのだが。 広島県の三次(みよし)と島根県の江津(ごうつ)を結ぶ山あいのローカル線・三江(さんこう)線が間もなく廃止される。その前にぜひとも乗っておきたいと思う。ついでに木次(きすき)線にも。

(梶原洋一)



コラムバックナンバー
□2017年:最新号20170726 実るほど 頭を垂れる稲穂かな20170614 「渋染一揆」に学ぶ20170127 想像する力
□2016年:20161130 発想の転換20161018 殺傷事件から考えたこと20160329 赤ペン先生
□2015年:20151224 若者とこの国の「未来」2015151127 「忘れました」の向こう側に20150930 原風景20150826 夏の作業20150616 元特攻隊員の記憶20150428 社会人、家庭人、地域人20150330 人間は多面体20150220 酒と父と私と息20150113 人権文化のバロメーター
□2014年:20141201 消滅可能性自治体20141020 憂いのそばに20140905 ゆたかな学びを求めて・・・20140804 「きょうも机にあの子がいない」からの学び201406 競争社会のなかで
□2012年:20120920 集え!全人教大会(全国人権・同和教育研究大会)へ20120209号 「竹田の子守唄」から
□2011年:20111024号 宮古にて20110420号 「国難」と人権20110201号 草野球
□2010年:20101110号 ケータイ依存20101010号 学びの原点20100801・10号 多目的トイレ20100501号 運動不足20100220号 2010年屠蘇の味
□2009年:20091110号 みんなちがって みんないい20090910号 A君の夏20090910号20090501号 にんげん回復のために
□2008年:20080820号 "格差社会"の中を生きるということ20080801・10号 「白い杖」20080420号 新学期の匂い20080320号 「宿泊拒否」事件から見えてくること20080120号 「乾いた言葉」
□2007年:20071220号 「人と人との間で生きること」20071120号 「相手の思いを我が身に重ねて」20070720号